NY日記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Mrs.”について驚きの事実が!

先日の英会話秋期クラス最終日。
話題は、グリーティングカードの書き方手紙
文面の話のあとは、宛名の書き方について。

男性宛ては“Mr. John Smith”
夫婦宛ては“Mr. & Mrs. John Smith”
家族宛ては“The Smith Family”もしくは“The Smiths”

ここまでは知っていたんだけど。。。
“Mrs.”について驚きの事実が判明(harakoにとって)

結婚して旦那さんが健在の場合、その奥さん宛てには
“Mrs. John Smith”←旦那さんのfirst name
結婚してすでに旦那さんが亡くなっている場合、その奥さん宛には
“Mrs. Mary Smith” ←本人のfirst name

伝統的にはこんな決まりがあるらしい。
先生は、好きなように書けばいいわよって言ってたけど。
知らなかった~。
中学校か高校で習ったのかなぁ、全く記憶にないけど


すでに知っている人は、ひとつもおもしろくないですね。。。
harakoの小さな成長を見守っていてくださいませ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。