NY日記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆さのつらら

逆さのつらら

見えますか?
上に向かって伸びる氷の柱。

友人宅で見せてもらったこの不思議な現象。
温度?水質?
何がどうなってこうなるの~??

スポンサーサイト

松茸三昧

秋の味覚の王様といえば…

松茸~�L�m�R

数本ごとにご丁寧に箱に入れられて
並んでいる光景は目にしていましたが。
こんなのは初めて
 
松茸01

なんと、10本以上
さぁて、これをどう食べようか。。。

話し合いの結果。
焼き松茸、松茸ご飯、松茸入り寄せ鍋に変身させました
どれも美味しいけど、寄せ鍋は絶品

松茸02

ここまで松茸がゴロゴロしてると、
ただのキノコに見えてくるんですけど~
でも、一口食べると松茸の香りがふわぁっと広がります。

アメリカらしい!?

近所のスーパーマーケットで見かけた光景。
アメリカらしい01

冷蔵棚に放置されたボックスティッシュ。
しかもひとつじゃなくて、ふたつ…。

日本じゃ、あり得な~い����
ようなことがアメリカでは起こります。

売り場の棚に置き去りにされたスタバのカップとか�A�C�X�R�[�q�[
売り物が床に落ちてそのままの洋服屋さんとか

お客さんも店員さんもあんまり気にしてないみたい��������
気にするところだと思うんだけどなー。

もう見慣れた光景だけれど。
自らはそんなことやりませんよ、もちろん。

Oyster Festival

週末にOyster Festival が開かれるということで。
少々悪天候のなかOyster Bayへ

日本のお祭りだったら少しの雨でもやるし
何かしらイベントはやっているはず

と思いきや。。。

なーんにもない������
本当になーんにもない������������

一応、「ようこそOyster Bayへ」みたいなアナウンスが聞こえるけど。
「牡蠣をたらふく食べましょう」じゃなくて、
「あったかいチキンスープとホットチョコレートがあるよ」って。
牡蠣のお祭りに来たはずなのにぃ~�勃��


このまま帰るんじゃ納得がいかないので。
地元のレストランに入って生牡蠣を注文しました
オイスターフェスティバル

これ食べたらなんとか気持ちは収まったけど。
Oyster Festival 、本当はこんなじゃないはず
来年、リベンジだぁ

SALUMERIA ROSI PARMACOTTO

セントラルパークを散策した後
通りをぶらぶらしてたら偶然見つけた
イタリアのハム屋さんSALUMERIA ROSI PARMACOTTO

生ハム、サラミ、お惣菜などを売っていてテイクアウトできる。
すぐ隣にはダイニングスペースもあって、
ワインを飲みながらイタリア料理が楽しめるみたい

ここで食べるのはまた今度にしてと…
生ハムとサラミを一種類ずつ購入。
(味見をさせてくれたので、好みのものが買えた)

せっかくだからパンも欲しいけど、
この後またどこかに寄るもの面倒だし。
ダメもとで「パンもある?」って聞いてみたら
「あるよ~」って窓際に置いてあったパンを出してくれた�t�����X�p��
これでワインのお供が勢揃い。
楽しい晩酌になりました

centralpark散策03
袋に紐が付いていてオサレ~な感じなんだけど。
それをどうすればいいか分からずふつうに持つkawaken。

秋晴れのセントラルパーク

セントラルパークをぐるっと散策��
名所に立ち寄ったりカフェでひと休みしつつ。。。
大きな芝生が広がるエリアに到着。

秋晴れの空が気持ちいい
centralpark散策02

池のそばで二人の男性を発見。
centralpark散策01
どうやらボールを落としてしまったらしく…
ひとりが水際まで行き、もうひとりが命綱の役割。
なんともすばらしい連携プレー
無事に拾えたのかなぁ

紅葉にはちょっと早かったので。
葉っぱが色づくころにまた来たいなぁ。

快適な空の旅

一時帰国のことに戻って・・・
もうひとつ、大切なことを記録し忘れてたぁ~

今回のフライトが快適だったその訳は。

初のビジネスクラスだったから~
一生に一度あるかどうかのチャンスが訪れましたっ

足をめいっぱい伸ばせる喜び。
ご飯がべチャっとしていない幸せ。
好きなときに好きなものを食べられる楽しみ。
それから、それから・・・。

とにかく、些細なことでも楽しくて、
10時間以上の飛行時間なんて全然苦じゃない
むしろ、もっと乗っていた~い(…は言い過ぎか)

またこんな日が来るようにコツコツとマイル貯めよ~

帰りの飛行機01
奥はオリジナルカクテル、グランブルー


播磨屋本店

播磨屋本店。
昔、harakoが住んでいた兵庫県生野町(現朝来市)から
全国展開したおかきやさん

この土曜日、銀座に無料カフェをオープンしたという記事を
Yahooニュースにて発見����
この春に虎ノ門にできたのは知っていたけど
こんな拡大計画があったとは

おかき8種類と飲み物数種類が全て無料だそう
なんて太っ腹なカフェなんでしょう。
次に帰国したときに行ってみよ~

ちなみに。
おかきの包み紙の商品名は
harakoが通っていた書道教室の先生の字�M
(新商品は書き手が変わったみたいだけど)
先生、元気にしてるかなぁ。。。

こんな偶然って…

NYの友達と一ヶ月半ぶりに再会

そのうちのひとり、Reさんとは…偶然にも同じ幼稚園に通っておりまして。
Reさんの弟さんも同じ幼稚園、しかもharakoと同い年����

ってことは、同じクラスだったかも
というわけで、日本でアルバムをあさってみたら。
一枚だけ集合写真を発見���[

そして、本日。
持って来たその写真をReさんに見てもらったところ。
弟さんの面影を残す男の子���Ƃ�-�c�t���j�̎qがいた~
けど、確信がもてないReさん。。。

紙焼きの写真をデジカメで撮影して、弟さんに確かめてくれるとのこと。
なんだかおおごとになってきたぞ~�����

う~ん。。。
どこで誰とつながっているか、分からないものですねぇ���邮��

ベルパっ子大集合

ベルパ大集合

学生のときのバイト先ベルパ(エーゼ)で
知り会ったみんなが大集合

11名+その旦那さんや奥さん
よくもまぁ、こんなに集まったもんだ

知り合って10年。
みんな、基本的には変わってないな~うしし

だけど。。。
それぞれ生活環境が変わったり。
話す内容がちょっと大人になったり。
変化もたくさんある。

それでもこうやってワイワイやれる仲間
これからも続いていきますように

一泊温泉旅行 3

翌日はChiが旅館まで迎えに来てくれて水沢観音へ。

ぶら~っと散策して
kawakenはおみくじ引いて(大吉だった
Chiは朝市で大根買ってだいこん

平日で人も少なかったかの~んびりできた。

短い時間だったけど久々の再会を楽しみました
2日間も付き合ってくれてありがとね~

水沢観音


一泊温泉旅行 2

伊香保温泉。
泊まったところは“お宿 玉樹”

前にも泊まったことがあって、とってもよかったから
もう一度行きたいと思っていた旅館。

連休最終日で空いていたらしく
お部屋をアップグレードしてもらっちゃった

入り口から部屋までの廊下の長いことえぇ
部屋よりも廊下に興奮
お宿の部屋

食事は見た目も味も
前菜のうさぎの器がかわいらしい
締めのご飯、ミニお釜にほんのひと口が嬉しい
お宿の食事01お宿の食事02

大浴場はほぼ貸切状態だったし
いやぁ~満足、満足きゃっ
強行スケジュールでゆっくりできないかと心配したけど。
やっぱり来てよかったぁ

一泊温泉旅行 1

滞在中に一度は行きたい温泉
今回はChiに会いがてら伊香保温泉へ~

嬉しいことに家族3人で高崎まで迎えに来てくれて・・・

みんなでぶどう狩りさとと-ぶどうして。
ぶどう狩り

水沢うどんと舞茸天ぷらをほおばって。
水沢うどん

切り絵美術館で切り絵の体験して。
切り絵体験

一日たっぷり、群馬を満喫

最初は恥ずかしがってたHoちゃんとも仲よくなれたよね
楽しい一日をありがとう。
次に会うときまでkawakenとharakoのこと覚えててね笑い。

地元の友達

kawakenの日本滞在3日目。

kawakenの中学校のときの友達と夜ごはん
男3人、どこに共通点ががあるのかharakoには分からず…。
でも、今でもこうやって仲よくやってるのには
お互いなにか引き付け合うものがあるんだろうねぇ

Yちゃは来年秋に結婚することに
おめでとうございま~す

kawaken、結婚式のために帰れるといいね。

上尾駅前

NYに戻りました

先週月曜日にNYに戻ってまいりました
時間を作って会ってくれたみなさま、どうもありがとうございました


楽しかった一ヵ月半の余韻にひたりたいのだけれど。
この一週間、harakoには大きな悩みがorz


時差ぼけが辛い。。。うーん


もう何度も日本‐アメリカを往復をしているのに。
こんなに辛いのは初めてかもおちこみ
何が悪いって、家に着いて早々ぐっすり寝たzzz自分が悪いんだけど…。
あ~こんなに響くものとは思わなかった。

夜は数時間寝たらパッじーと目が覚めるのに
昼寝からの目覚めは全然よくない怖い
体内時計がぐっちゃぐちゃ~ぐるぐる

数日のうちになんとか立て直さねばっ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。