NY日記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Park Avenue Armory

英会話教室の先生から
「おもしろいエキシビションをやってるから行くといいわよ」
と教えてもらって訪れたPark Avenue Armory

ernesto neto04
ここは、もともと軍事関係の建物。
マンハッタンは通りが碁盤の目になっているけど、
そのうちのひとマス丸ごと、この施設の敷地。
外観も重厚でとっても立派。

中には体育館のような広いスペース。
そこに現れたのは。。。
ernesto neto01

Ernesto Netoというブラジルの芸術家の作品。
白っぽいものは全てストッキングのような素材。
袋状になった布にシナモンなどスパイスを入れてぶら下げてあったり
木枠を布で覆って、洞窟のような空間が作られていたり。
周りにはクッションを敷いたスペースや
ボールがたくさん入っているプールもあって、子どもたちは大はしゃぎ。

洞窟の壁にあいている穴から外を覗いてみる。
ernesto neto02

これは発泡スチロールの粒が入っている袋。
見た目よりも軽くて、ふわっと持ち上がる。
ernesto neto03

この大きな空間を最大限に生かした作品。
MoMAとかグッゲンハイムとか、
現代アートを楽しむ場所はほかにもあるけれど。
これはどこにも真似できないだろうなぁ。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。