NY日記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008夏のプチ旅行―絶景!!

旅行中に出会った、すばらしい景色。

川にかかる虹。
rainbow 01

もうひとつ虹。
rainbow 02

それから、ホテルの部屋からの眺め。
from the hotel

旅行なんてめったにできないので、ちょっと奮発して。。。
カナダ滝、アメリカ滝ともに一望できる部屋に宿泊。
朝から晩まで、滝三昧の二日間でした。

スポンサーサイト

2008夏のプチ旅行―国境を歩く

ワイナリーツアーから戻って、
まだ帰りのお迎えバスまで時間があったので。
最後は国境を歩いてみることに。

50セントを支払って、カナダを出国。
なんだか駅の改札みたい。
enter the u.s.a. 01

手前がカナダ側、向こうがアメリカ側。
enter the u.s.a. 02

橋の上から臨む、ナイアガラの滝。
enter the u.s.a. 03

そして。
ここがちょうど境目。
enter the u.s.a. 04

時間の都合で、アメリカ入国には至らず。
そのままカナダへ引き返すことに。

日本にはない、陸続きの国境。
見た目には全くわからないけど
橋のこっち側と向こう側では言葉も法律も違うなんて。
ちょっと不思議な感じ。

2008夏のプチ旅行―ワイナリーツアー

翌日は朝からワイナリーツアー。

ナイアガラの滝から車で30分ほどの
Niagara on the Lakeという街。
ガイドさんによると100ほどのワイナリーがあるとのこと。

今回はそのうちの4つを訪れた。
wine tour 01wine tour 02
wine tour 03wine tour 04

最初に訪れたワイナリーで、
ワインテイスティングのレクチャーを受ける。
まずはグラスを回して、側面にワインを行き渡らせ
それが落ちてくる様子を観察。
落ちるときに柱状のものがきれいに出たら
それは年を重ねたワインだという証拠らしい。
次に、グラスを傾けて色を見る。
透き通っているか、表面に何も浮いていないか、などなど。
そして鼻を近づけて香りをかぎ。。。
最後に口に含んで、味をみる。
でも、最初の一口で味を判断しないこと。
もう一口飲んでみて、確認。

wine tour 05

今度、レストランに行ってワインを頼むときは
ぜひkawakenに実践していただこう。

どのワイナリーの周りにも、ぶどう畑が延々と続いていて
景色がと~ってもきれいだった。

wine tour 06

カナダのワインと言えばアイスワイン。
琥珀色をした、甘いデザートワイン。
ふどうを冬まで残しておいて、
わざと凍らせてから収穫して作る。
一粒のぶどうからワイン一滴しかできないという、
それはそれは貴重な飲み物。
日本で買うとなかなかのお値段になるということなので。。。
こっちにいる間に飲んでおかないと!!

2008夏のプチ旅行―WHITE WATER WARK

今度は滝から少し下流に行ったところへ。
WHITE WATER WALK は、
ナイアガラ川に沿ってつくられた遊歩道。

white water walk 01 white water walk 02


流れは結構速いし、
大きな岩がゴロゴロしているみたいで
あちこちで岩に水が当たり、水しぶきが上がっていた。

white water walk 03

このあたりは、滝の周辺ほど人も多くなくて
散歩するにはちょうどいいところ。
遊歩道の左右には緑があるので、日差しが強くなくて気持ちいい。

2008夏のプチ旅行―JOURNEY BEHIND THE FALLS

もうひとつ、滝を間近で見られるアトラクション。
JOURNEY BEHIND THE FALLS。

滝の裏側に掘られたトンネルから
水が落ちていく様子見たり。
滝の真横に出て、その迫力を体感したり。

journey behind the falls 01

船の上よりもさらに滝に近づくことができる。
もちろんポンチョ着用だけど、
風向きによっては全身びしょ濡れ

journe behind the falls 02

滝に飲み込まれそう。。。�|��

2008夏のプチ旅行―MAID OF THE MIST

着いたその日は、ナイアガラの滝周辺のアトラクションを巡ることに。

絶対に欠かせないのはMAID OF THE MIST(霧の乙女号)。

maid of the mist 01maid of the mist 02

乗船前に渡されたポンチョを着て船に乗り込み。。。
滝をめざして、出発~

アメリカ滝
maid of the mist 03

カナダ滝
maid of the mist 04

カナダ滝では、三方を滝に囲まれるような感じ。
水が流れ落ちるときの心臓に響く大きな音と、
水面から上がってくる水煙の迫力はものすごい。
その場で何分か船が停まるのだけど、
水流が激しくて、船が滝壺の外に押し出されそうになっていた。

あまりにも水しぶきがすごくて、
滝壺付近でデジカメを使うのは諦めて。。。
前に買った、防水カバー付きの使い捨てカメラの登場。
迫力ある写真が載せられなくてちょっと残念��������

ちなみに、滝が形成された1万2000年前には
今よりも13㎞下流にあったらしい。
水の勢いで岩がどんどん削られていて、
今でも年間2㎝ずつ後退しているとのこと。

日々変化していく滝。
今日見た滝の姿は、二度と見られないってことなんだ…。

2008夏のプチ旅行

夏のうちに、一回くらい旅行に行きたい
というわけで、この週末に行ってきました

行き先は、ナイアガラの滝
アメリカ側とカナダ側、どちらからも見られるけど
やっぱり眺めがいいのはカナダ側。

まずは、国内を飛行機で移動。
近くにある国内線の空港から同じNY州内にある空港へ。
飛行時間が2時間弱ととても短いので、
乗った飛行機は約40人乗りのプロペラ機

small plane

その後、バスに乗り。。。
初めて陸地での国境越え。

enter canada

バスの中に入国審査官がやってきて、パスポートチェック。
一緒に乗っていたアメリカ人はIDすら見せることなく終了。
飛行機だったら、荷物チェックとか厳しいのに。。。
入国っていうより、料金所を通ったっていう感じ。
なんだか呆気なかったなぁ。
それだけ安全な場所ってことなんだろうけど。

というわけで、無事カナダに到着�΂��B

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。